ステンレスプール

学校用プールからウォータパークまで。あらゆる人々に健康と潤いを提供するウォーターレジャー。ゆとりや潤いを表現するデザインと、施設をとりまく環境との調和を実現させ、数多くの実績を有しています。
また、災害時にプールの水を飲料水として活用できる浄水型耐震プールシステムの提案など、常に新しい発想でプランニングから完成まで、きめ細かくお応えします。

【環境最優先のステンレスプール】

ステンレスプールは、プール本体から付属部品、補強材を含め、全てのステンレスで構成されています。このステンレスには、金属として高価なクロムやニッケルが含まれており、使用後は全て金属に還元できるようにシステム化されており、ほぼ100%資源として再利用することが可能です。今後の環境対策の一環として、これほどまでも無駄なく社会に貢献出来る設備は、他に類を見ない非常に商品価値の優れたものです。

社長

 

【メンテナンスから本体工事まで】

学校用プールからウォータパークまであらゆるニーズに応えます。
どんな小さな要望にもお応えします。意外にできないのがちょっとしたメンテナンス。
「プールに穴があいた」「塗装が少しはがれた」「排水の蓋が外れた」「タイルが割れた」等々
。たとえビス1本のことでも素早く迅速に対応できる体制をとっておりますので、どのような相談事でも対応致します。

社長

【プールと付帯する設備・施設】

●付帯設備

プールの水は、浄化装置を通して循環して使用しているのが一般的です。
オーバーフローした水を回収するかどうかは、浮遊物(痰や髪の毛・垢など)をどう処理するかにもよりますし、装置の浄化能力にもよります。浄化装置内部のろ過材には、砂、珪藻土、セラミック、アンスラサイト、フィルターなどがあります。滅菌の方法は塩素が主体で、ガス、液体、個体などがあります。
外国では、塩化ナトリウムによるイオン交換方式があったり、滅菌灯(紫外線)による殺菌法などがあります。

社長

 

●付帯施設

夏場だけの屋外プールは別として、通常の屋内プールのシャワー室は、温水と冷水の切り替えができるようになっています。
公共のプールで以外と併設されていないのが採暖室やサウナ室です。
折角プールで楽しんでも身体が冷えきっては逆効果です。暖をとって気持ち良く身体をリラックスさせて下さい。又、サウナ室があればより一層心身共に充実した時間が過ごせます。